2021.05.10お知らせ

エンジニアで年収1000万円を実現|高収入を目指すには

Scroll

年収1,000万円の実現には、小手先の技術力だけでは当然通用せず、社会ニーズを捉えた本質的な付加価値の提供が不可欠です。
この記事では、エンジニアが年収1,000万円を実現するために必要な条件を解説します。ITベンダーとして高い成果を上げるWEBEDGEのエンジニアのモデル給与を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.エンジニアで年収1,000万円になるために必要な条件

エンジニアで年収1,000万円になるために必要な条件は2つです。
1.正しく評価される環境
2.付加価値を生み出す力

 

1.正しく評価される環境
エンジニアで高収入を目指すには、成果や技術力に見合う正当な評価が不可欠です。
正しい評価がなければ、どんなに優秀なエンジニアでも活躍できないまま、組織の中で埋もれてしまうでしょう。
WEBEDGEでは、正しい評価とは成果に対するエンジニア自身の「納得感」であり、それが得られるフィールドに身を置くことがキャリアアップに重要であると考えます。

※関連記事:『エンジニアの正しい評価について~WEBEDGEの考え~』

 

2.付加価値を生み出す力
エンジニアは、技術者といえども、単に専門性を高めるだけでは年収1,000万円の実現は難しいです。
上を目指すエンジニアほど、AIやIoT、ブロックチェーンなど希少価値の高い「技術」はもちろん、ニーズを引き出すヒアリング力や期待を上回る提案力といった「商人気質」が求められます。

エンジニアの年収1,000万円とは、固執した価値観から脱し、目の前のお客様を真に大切にするマインドがなければ到達できない領域です。
正当な評価を自ら追求でき、「商人」としての自覚があるエンジニアこそ、相応の高収入を得られる人材といえるでしょう。

 

 

2.年収1,000万円以上のエンジニア【WEBEDGEのモデル給与】

年収1,000万円のエンジニアに求められるスキルや実績をWEBEDGEのロールモデルで具体的に紹介します。
年収1,000万円だけでなく、前段階である800万円のロールモデルも掲載しています。
ぜひ参考にしてみてください。

 

■WEBEDGE モデル給与1 (ゼネラリスト)
給与:年収1,000万円
職種:プロジェクトマネージャー
保有スキル:Javaのスペシャリスト、フルスタックエンジニア
汎用スキル:営業、教育、開発マネジメントなど多種多様な領域を幅広く対応
実績:クラウドサービス、業務系WEBシステム、その他システム全般

 

■WEBEDGE モデル給与2(ゼネラリスト+スペシャリスト)
給与:年収800万円
職種:プログラマー兼システムエンジニア
保有スキル:JavaScriptのスペシャリスト、WEBのフロントスキル
汎用スキル:SE、プログラマー、社内調整など多種多様な領域を幅広く対応
実績:データマーケティングツール、SaaS型プロダクト、その他システム全般

 

■WEBEDGE モデル給与3(スペシャリスト)
給与:年収800万円
職種:ネットワークエンジニア
保有スキル:ネットワーク設計のスペシャリスト、シスコ技術者認定の最上位資格CCIEを保有
汎用スキル:要件定義、基本設計、教育など多種多様な領域に幅広く対応
実績:5G関連、生保関連、その他ネットワーク提案・設計・構築全般

 

上記をみて、まずはスキルアップだと「付加価値を生み出す力」の習得に注力される方は多いでしょう。
しかしどれほどスキルを身につけたとしても、評価自体に問題があれば「自身の正しい市場価値」を把握することはできず、適切なキャリアアップも難しくなります。

 

現実的にエンジニアで年収1,000万円を目指すのであれば、まずは「DX市場という今後伸びる事業領域」と「正しく評価される環境」に身を置き、自身の市場価値を知ることから始めることをおすすめします。

 

3.エンジニアで年収1,000万円を実現できる「正しい評価」とは

 

前述した「正しく評価される環境」の一例として、社員の納得感を重視するWEBEDGEの評価制度(一部)を紹介します。

■利益評価
エンジニア個人の給与において、採算が取れているかどうかという点を重視し、個人単位での成果を数値化
【例】
・半年を見越して月15万円以上利益を出している
・3名チーム以上のリーダーで年間1人180万円以上利益を出せるかつ次年度の売上計画がある

WEBEDGEでは上記のように客観的な数値を明示し、誰にとってもわかりやすい評価基軸を設けています。
誰もが納得できる評価基準があるからこそやりがいも生まれ、高い給与を可能にすると考えるからです。

※詳しい解説はこちら『エンジニアの正しい評価とは?WEBEDGEの評価基準を紹介』

 

4.まとめ

エンジニアが年収1,000万円を実現するには、正しく評価される環境に身を置き、付加価値を届け続ける必要があることをお伝えしました。

WEBEDGEでは、「お客様に付加価値を届ける」という理念のもと、正しい評価基準を設け、社員全員が納得感を持って働ける環境を整えています。
会社の飛躍成長を見据え、新たなサービスエンジニアの仲間を募集しています。

WEBDGEの考え方に興味を持たれた方は、ぜひ面接にお越しください。
やる気と高い実力を兼ね備えた方のご応募をお待ちしています。